豊中市、千里中央で、いぼ、ほくろの除去、しみ、そばかす治療、医療脱毛なら『形成外科・美容皮膚科とううちクリニック』。ニキビ、くすみの治療等、様々なお悩みに対応すべく各種レーザー機器を取り揃え点滴や内服治療等、内面からもアプローチしトータル的にサポートいたします。
形成外科・美容皮膚科とううちクリニックロゴマーク
  • 土曜・日曜・祝日も診療
  • 月曜・木曜は20時まで
  • 駐車場140台分完備

巻き爪治療

爪の横の部分が皮膚に食い込んでしまった状態での放置はやめましょう

巻き爪(陥入爪)とは

デザイン性を重視した窮屈な靴を履き続け、爪の痛みを訴える人が多くなってきています。爪の横の部分が皮膚に食い込んでしまった状態を放置すると、大変危険に陥ります。細菌感染を起こし、激痛を訴え、歩けなくなることもあります。 手術すると治る病気です。早期の治療をお勧めします。

巻き爪(陥入爪)の症状

巻き爪(陥入爪)が悪化すると、爪の横の部分が皮膚に食い込み、足の趾(ゆび)が炎症や化膿を起こし、赤み・腫れ・痛みを生じます。激痛を訴え、歩けなくなることもあります。

巻き爪(陥入爪)の治療

軽症の場合

軟膏治療やテーピング治療などを行います。

中等症の場合

1.治療前

麻酔を行い、食い込んだ爪を抜きます。

1.治療前
2.手術

爪を抜いただけでは、また食い込んだ爪が生えてきます(再発)。

2.手術
3.治療後

爪の根元に爪母と言われる爪を作る組織があります。その爪母を処理すると、食い込んだ爪の部分だけが生えてこなくなります。

3.治療後

重症の場合(炎症を起こし、出血しやすい肉芽を形成している場合)

重症の場合

原因は食い込んだ爪です。
麻酔を行って、まずは食い込んだ爪を抜去します。
炎症が強い時に爪母の治療を同時に行うと、術後の傷の治りが悪くなります。
そのため、期間をあけて炎症が治まってから、もう一度爪母の治療を行います。

爪の手術を予定されている患者様へ

手術後は包帯を巻いたりするため、窮屈な靴ではなく、スリッパなどの足の趾を締め付けない靴などでの来院をお願いします。

診療時間 日・祝
 9:00~13:00
14:00~18:00
18:00~20:00

休診日火曜

形成外科・美容皮膚科とううちクリニックアクセスマップ

一般形成外科の予約は電話のみとなります

06-6310-0312

〒560-0083 大阪府豊中市新千里西町1丁目1-10
Dグラフォート千里中央1階

北大阪急行電鉄『千里中央』駅・南改札(南側)から 徒歩約4分 大阪モノレール『千里中央』駅から 徒歩約5~6分
阪急バス『西町一丁目』から徒歩すぐ 阪急バス『西町三丁目』から徒歩約2分

共用駐車場140台完備 (入居建物2階・駐車券をお渡しいたします。2時間まで無料)

PAGETOP
Copyright © 2021 形成外科・美容皮膚科とううちクリニック All Rights Reserved.